HOME>アーカイブ>産後の体型に不安があっても安心できる医療人によるダイエット
女性

産前からスタートできる

妊婦にとっては赤ちゃんの誕生のため、栄養をたっぷり蓄える必要もあり、産婦人科では体重増は避けられない話もしています。約8kgから10kg増を目標に、健康的に臨月までを過ごすのですが、妊婦にとっては後々のダイエットが不安になるようです。今、医療機関において「リバウンドしないダイエット」というように、妊婦の時期から継続できる情報の提供に努めているのをご存知でしょうか。ぽっちゃりではなく、グラマーな体型を成果に見据えたダイエットを指導するセミナーも開催されています。また、雄々しい身体を作ってしまいますから激しい運動も厳禁、リバウンドしないダイエットでは食事、筋膜リリースに着目します。母乳で育てることも考えれば、バランスの整った食事は産後も継続できるはず、ただし、質のいいタンパク質を必ず取り入れさせ、炭水化物を控え目にさせるようです。

コンディションをまずは整える

産婦人科をはじめ、医療機関でも「リバウンドしないダイエット」の指導を行っています。準備としては土台となる身体のコンディション、臨月までに体重減量は難しさがありますが、産後からスタートさせるならば医師に相談してから予約を取りましょう。リバウンドしないダイエットでは、月に1kgから2kgペースを目標に減量しますが、臨月までは身体に必要な栄養素をバランス良く摂るため、空腹で動かない、水分補給を怠らない、活動した後の食事は控え目に高タンパク質を摂取します。準備として、メディカルチェックは必須、安全にダイエットを実施するためには開始時のコンディションはチェックしなければなりません。

手軽にスマホから申込

「リバウンドしないダイエット」の指導を行う医療機関、特に産婦人科での場合、産前から申込が可能です。産婦人科あるいはマタニティ教室などでは、ダイエットに関する問い合わせ専門の電話、メール、来院にて対応してくれます。食事や体重、運動量についてヒアリングしたり、スマホやPCから必要事項を送信フォームに明記したりするだけです。開催日も産婦人科、教室ごとに違いますから、今はオンラインサポートを受けることが手っ取り早い申込方法かもしれません。